シックな見た目のPC用スピーカー:サンワサプライ 木製2chマルチメディアスピーカー MM-SPWD2BK

僕がメインに使っているパソコンは東芝のダイナブックなのだが、これの内臓スピーカーがいくらなんでもこりゃないぜってぐらいの音しかならない。例えばYouTubeでサーキットを走るマシンの動画でも見ようものなら、エギゾーストノートは全てざらざらの雑音に聞こえ、音楽でも流そうものならただひたすらに残念な気分になる。

スポンサーリンク

スピーカーを外付けするしかない

ダメダメな音響をよくするには内蔵スピーカーにとっとと見切りをつけ、スピーカーを置くしかない。ただ、もちろん音響にそこまでのお金をかけてなんていられないので、安くてかっこいい(←ここ大事)スピーカーを探さねばならない。そうして発見したのがこれ。

IMG_4224

サンワサプライ MM-SPWD2BK。黒地の木製ボディにピアノブラックの前面パネル、そして白いコーンのスピーカーがとてもシックでカッコいい!

スピーカーの特徴

  • メーカー型番 : MM-SPWD2BK
  • 実用最大出力 : 6W(3W+3W)
  • 周波数特性 : 150Hz~20000Hz
  • スピーカー形式 : バスレフ型フルレンジスピーカシステム(防磁設計)
  • スピーカーサイズ : 2インチ(直径50.8mm)

IMG_4225

右側のスピーカー(ボリュームつまみなどがある側)からは電源、入力端子、マイク端子(使ったことない)、そして左側のスピーカーへのラインケーブルが出ている。それぞれ長さが1.5mほどあるので、パソコンの周辺に置くのであれば十分な長さがある。ただ、それぞれが独立していて、僕の環境の場合邪魔で仕方がないので、出力端子以外はスパイラルチューブで必要な長さを残しひとまとめにしている。せっかく本体がかっこいいのだから、入力端子はもうちょっとかっこいいのにしてほしいのだが…。

音質

もちろんパソコン内蔵のスピーカーとは比較にならないほどにいい音がする!3000円程度(購入時)のスピーカーという前提を置けば悪くない。ただ、全体的にこもった音が鳴り、低中高音全てにおいてもやもや~っとした印象。この前に使ってた同メーカーの木製USBスピーカーのほうがよっぽどはっきりしてパキパキッとした元気な音が鳴っていたんだけどなぁ…。それは壊れちゃったんだけどね。細かい音の再現度はかなり低いし、ドラムのような低音はかなりしょぼいといってもいいだろう。その代り中高音域はそれなりになってくれる。だからこそ低音の弱さが強調されるのかもしれないが…。

後かなり大きい音まで鳴らすことが可能。僕はいつもパソコン側の音量を50%にしてスピーカーのボリュームをいじっているんだけど、半分もつまみを回すことがない。音量を上げると細かい音もちゃんと出てるのがわかるんだけど、とても常用しようと思う音量じゃない(笑)。

IMG_4223

使っている机が黒いので、かなりいい感じに溶け込みカッコいい。気になる点は、電源が付いていることを示す青色LEDがかなり明るいこと。今のところ目線に入る高さにないので大丈夫だが、耳の高さにスピーカーを設置しようと思ったらかなりうっとうしいことは間違いない。見た目の問題を無視して黒いビニールテープでも貼ればかなりマシにはなるだろうけど…。

もう一つの問題は、これは僕のスピーカーだけかもしれないが、入力端子がごくわずかに接触不良気味で、まれにノイズが入る。ちょっと差し込みをぐりぐりっと触ると解消することがほとんどなのだが、他の機器(イヤホンなど)を装着した時にその現象が起こることはないので、スピーカーケーブル側の問題なのだろう。

総評:見た目は素晴らしくカッコいいが、音質にそこまで期待してはいけない

正直な話、見た目と値段で選んだだけのスピーカーなので割りと満足はしているのだが、やはりあと一歩の音質が欲しいと思う。中音域がそれなりに鳴るだけあって低音の弱さはあまりに残念。イコライザーを調整するなどすれば充分に対応可能な範囲内ではあるのだろうが。

ちなみに、現在は後継機種となるMM-SPWD2BKNが販売されている。

…と思っていたんだが、パソコンを買えたら結構いい音が鳴るようになってびっくり↓

動画編集用のパソコンが届いた!
パソコンについて真剣に考えていたらいつの間にか購入されていたという衝撃的な事件から数日後、ついに昨日そのパソコンが我が家に到着したよ!ドスパ...