VAIOをWindows10 64bit化した→その後の文字のにじみ解決法も

外で仕事する時のために持っているVAIOは、一度HDDがぶっ壊れて全く使い物にならなくなった際にSSDに乗せ換えて復活させたため、超サクサクで快適なマシンだ。しいて言うならモニターが15インチとちょっと小さいことが気になるだけ。CPUはCore-i5だし、なぜかRADEONのグラフィックボードまで入っている。確かに前は3Dモデリングする必要があったんだけど、今となっては使わないからまぁどうでもいい。

ところが、もともと32bit/64bit兼用モデルであったために(32bitでしか動かないソフトを動かす必要があった)、SSD乗せ換えのタイミングでアップデートしたWindows10は32bitモデル。これじゃあAdobeのソフトが動かないので、アップデートした。

スポンサーリンク

ぶっちゃけよく分からないので、調べまくった

『Windows10 64bit化』と調べると、どうも同じことを考えている人は山ほどいるようで、たくさん検索にヒットする。はっきり言って僕は詳しくないので、調べた中で使えた情報をここでピックアップしたい。

32bitのWindows7から64bitのWindows10に無料アップグレードできた – ぷろぐ

↑おおよそこの人のやっている通りに行えば、64bit化は可能だ。彼はWindows7(32bit)→Windows10(32bit)→Windows10(64bit)と順を追っているが、僕はもともとWindows10の32bitであったため、最初の部分はすっ飛ばしている。

つまり、

  1. USBメモリの中にインストールメディアを作る
  2. ブートする
  3. そこで64bitへカスタムインストールする

という順だ。リンク先の彼が説明していないブートであるが、これは調べるとやり方がわかる。パソコンによってやり方はまちまちのようだが、VAIOの場合は、インストールメディアが入ったUSBメモリを指しっぱなしにしたまま一度シャットダウンして、電源ボタンを押して起動させる。完全に立ち上がる前にVAIOのロゴが出てくるので、そこまでの間F11ボタンを連打していれば、ブートは成功する。

VAIO電子マニュアル 起動デバイスを変更する

ブートしたのち、彼はWindows7時代のパーテーションが残っていたために消しているが、特にする必要はないだろう。僕の場合、どうもここで何かしてしまったのか、VAIOの見た目をしているがVAIOの特徴がなくなったPCになってしまったようだ…(汗)。起動時にVAIOのロゴが出てこなくなった。とりあえず普通に使えることは確認できているので、今後どうするかちょっと考えなければいけないが…。

IMG_4270a

でもなんか文字がにじんでる…

失敗もしたが、ひとまず本来の目的であった64bit化には成功した。しかし、なんだか不思議な問題も起きた。文字がやたらとにじむのだ。これっぽっちも鮮明でない。これはいったいどういうことだろうと思っていると、どうもWindows8や10に変更するとこの事態が発生することがあるらしい。ちなみに、上の写真は解決後である。

解決方法を調べていると、複数やり方は見つかったが、この方法がベストだった。それ以外の方法だとすべての文字をきれいにすることは難しかった。

Windows10のフォントの汚いにじみを解消する - ヲレサイト

IMG_4268

『ディスプレイの詳細設定』から設定するこの方法を使ったとたん、一気にすべてのソフトやデスクトップで表示される文字がきれいににじまずに表示された。

ほんと、最初に全部の文字がにじんでるのを見て「あぁ、やらかした…」って思ったが、ひとまず解決してよかった。VAIOとしての機能が失われたので、Fnキーを押しても画面上に今まで出ていた数々の設定が全く表示されないなど、困ったちゃんに変貌してしまったところもあるが、その解決は追って探っていこう…。

その後↓

完全初期化されてしまったVAIOのタッチパッドを無効化(ちょっと失敗)
windows10 64bit化を果たした我が家のVAIOであったが、ミスってVAIO独自のソフトウェアも全部消してしまったために、普通に使...