1万円以下でカメラの三脚が欲しい!必要スペックを考えよう

カメラの三脚って、僕は基本的には全く使わない。持ち運びに不便だし、さくっと撮れないし、なんだか写真の構図も制限されてしまう気がする。ただそれは写真を撮るときの話。静止画は三脚なしでも全然かまわないが、動画の時にないのはとても困る。特に定点観測の動画を撮るときに三脚は必須だ。

それなのになんてこった。持ち運び用で使ってたコンパクトな三脚(超安物)が壊れてしまっていたことに気が付いてしまった。足のロックレバーに亀裂が入り、現状どうにか使えるものの、いつずるっと下がってしまうかわかったもんじゃない。仕方がない、三脚を買おう。

スポンサーリンク

まずは必要なスペックを考えよう!

三脚ってびっくりするんだけど、下は1000円程度から上は10万円以上とまさにピンからキリまで揃っている。そりゃ高い奴はいいだろうし、僕だって「一番いいやつもってこい!」って言えるなら言いたいもんだけど、なかなかそうはいかない。必要なスペックを精査せねばならない。

501398_pcl

精査オジサンとして一躍時の人となった舛添元都知事。僕も税金で豪遊してみたい。

ざっくり欲しいスペックを考える

自分がどんな用途に三脚を使い、どういうものが欲しいのかを考えなければならない。ぱっと要件を上げてみよう。

  • 撮影は主に動画。ただし定点観測がほとんど
  • 僕の身長は170cm。立って楽に見えるとうれしい。ただし撮影に使う80Dはバリアングル液晶なので、多少低くてもそこまでの問題はない。低すぎると困るけれども
  • 撮影場所は屋外。足場はアスファルトか芝生が多い。
  • 写真撮影するときにもぶれない剛性感が欲しい
  • 機内持ち込みできるスーツケースに入るサイズ ←ここ重要
  • できればそこそこ軽い
  • 予算は1万円(高いのもいいけどお金がない)

大体こんな感じかな。つまりざっくりいうと、軽くて小さくなるけど伸ばした時にもそこそこ高くなって剛性感が高いけど安いやつ、ということだ。こんなわがままを叶えてくれる三脚なんてあるんだろうか…?

まずは収納時のサイズを考える

はっきり言って三脚選びの方法としてはかなり邪道だろうが、最初に収納時のサイズを考えたい。これは僕が飛行機移動することが多く、最近機内持ち込みサイズの制限がかなり厳しいので、そこを重要視したいのだ。某格安航空だと、機内持ち込みは1人2点までとかいろいろうるさいし、超過するとかなりお金取られるし…。ANAとかJALだと割と余裕なんだけど…。

そういうわけで、普段使っている機内持ち込み可能なサイズのスーツケースを出してみて、内側のサイズを測ってみたところ、縦方向はたったの45cmほどしかなかった。斜めに入れることを考えても、三脚のサイズから言って48cmほどの長さまでが限界だろう。

carry_ph001

JALの機内持ち込み規定。大体どの航空会社も同じ感じ

つまり、折りたたんだ時の長さは最大で48cmまで。ただしその場合はかなりコンパクトにたためることが重要だ。これ、意外と条件が厳しいことが三脚を調べていくとわかる。

条件その1:縮長=480mm以下(450mmほどが望ましい)

伸ばした時の高さを考える

上にも書いたが、僕の身長は170cmと対して背が高いわけでもなければ特別低いわけでもない。で、三脚を伸ばした時の高さを考えねばならないのだが、手元に三脚がないよって人は店頭で確認してみるのが一番手っ取り早いと思う。ちょうど我が家には、壊れたものと別の三脚(SLIK製の古く大きくかつ安いモデル)があるのだが、伸ばした時の高さはエレベーター(EV)を使わない時で大体130cmほどだ。これでカメラを取り付けると、ちょっとかがむだけでファインダーを覗くことができ、操作性に何ら問題がない。エレベーターを使うとかなり高くはなるのだが、不安定感が出てくるので使用しない場合での高さを考えたいのだが、SILKの三脚から言ってもエレベーターを使用せずに全長が130cmほどあれば事足りるということになる。

条件その2:全長(EV無し)=1300mm前後

足が固定されるか、自由度があるか

三脚の足のタイプは大雑把に分けると2種類があると考えられるのだが(ロック方法とか言い出すときりがないけど)、それは足が固定されるか、それとも自由度があるかの差だろう。

51qtzCCcGoL._SL1000_

足が固定されるタイプ

71p-OnwINFL._SL1500_

足に自由度があるタイプ

要するに足と足の間に補強のパイプが有るか無いかの差なのだが、大体安い三脚は固定されるタイプが多い。剛性を稼ぎやすいのだろう。足に自由度があるほうが足場が斜めになっていたりしていても設置がしやすいそうだが、ここはあんまり重要視していない。僕の場合大切なことは、補強パイプがあることで収納時のサイズが大きくなることだ。機内持ち込みという高いハードル(?)をクリアするために、足に自由度があるタイプのほうが望ましい。ただ、あんまり重要視はしていない項目なので、あんまり僕の三脚選びには関係してこない。

条件その3:足は自由度があるタイプ(重要度は低い)

足のロック方式

これはもう断然、レバーでロックできるか、それと同等に簡単な方式がいい。過去にねじを回してロックする方法の三脚を使ったことがあるが、あれはとにかくめんどくさい。さくっと出してさくっと使えない。

条件その4:足はレバーで固定

クイックシューの必要性

絶対に必要だ。クイックシューとは、カメラと三脚を固定する雲台から簡単にカメラを切り離すことのできる機能のこと。大体レバー一つでぽろっとカメラが三脚から離れるので、撮影現場での持ち運びがとても便利になる。これがついてないと、めんどくさくなって三脚にカメラをつけたまま運ぼうとして、最悪バランスを崩してカメラを落下させてしまう。単純に撮影するだけならなくてもいいんだけれども、あると最高に便利なので絶対に必要。

条件その5:クイックシューは絶対に必要

雲台は3Wayか自由雲台か

これは…うーん…どっちでもいいかな。自由雲台の場合はコンパクトだし、構図を決めるのも早くて便利なんだけど、逆に水平が撮りにくい。3Wayはおおよそその逆。サイズは大きいし固定ねじが多い、その代わり動画撮影とかには便利だよね。どっちかっていうとここは3Wayかなって気がする。

条件その6:雲台は3Way

積載質量を考える

その三脚が、何kgまでのカメラに耐えられるのか。これ重要だよね。80Dの場合本体重量が650g、動画撮影用に使っているキットレンズのEF-S18-135mm F3.5-5.6 IS USM(515g)や、望遠レンズのTAMRON SP 70-300mm F4-5.6 Di VC USD(765g)を合わせても大体1.5kgもない程度だ。積載質量は少し多めに見積もるのがいいらしいが、2kg以上に耐えられるなら大きな問題はないということだろう。この辺は予算の問題があるのでぎりぎりで行きたい(笑)。

条件その7:積載質量=2kg以上

条件まとめ

ついに僕にとって必要な条件が見えてきたので、まとめてみよう。

縮長 480mm以下(450mm程度が望ましい)
全長(EV無し時) 1300mm程度
自由度のあるタイプ(重要度低い)
足のロック方法 クイックレバー式か、それと同等に簡単なタイプ
クイックシュー 絶対に必要
雲台 3way
積載質量 2kg以上
予算 1万円以下

ただちょっとした方法も思いついた。雲台が交換できるタイプの三脚なら、雲台を外してしまえばスーツケースに入るんじゃないか?縮長480mm程度でもすんなりとスーツケースに入る可能性が出てきた。さて、そういうことを考えながら三脚を選んでいこう。

雲台が交換可能ならもっと小さくなるのでは?

我が家にあるSLIK製の古い三脚は、雲台がプラスチックでかつ片持ちなので、シャッターを切るとぶれるというなんだか三脚の意味をあまりなしていない品物だった。たぶん経年劣化もあると思うが、それゆえにタイマーモードでの撮影用にしかほとんど使っていなかった。そういう意味で、ベルボンのEXシリーズは雲台がプラスチックなものの両持ちなので安定しそう。近所のカメラ屋に置いてあったので確認してみたが、しっかりしている印象があった。

これは現行品だが、我が家にあるのはこれのずっと古いタイプのものだと思われる

これはSLIK GXシリーズの現行品だが、我が家にあるのはこれのずっと古いタイプのものだと思われる

Velbon EX440Nは雲台が両持ちで安定感がある

Velbon EX440Nは雲台が両持ちで安定感がある

ただ、安定感があるのはいいが、たたんだ時のサイズが結構大きい。持ち運びには不便だなぁなんて思っていた時に、ちょっとしたことに気が付いた。

もしかして、雲台が取れたら全長がかなり短くなるのでは…?

ファミリー三脚と言われるような下位機種は雲台の取り外しは不可能なものがほとんどだが、それ以降の機種になると大抵の場合雲台の交換が可能になる。3way雲台の場合、もちろんものにもよるが、雲台を外せば7~8cmほど短い状態で収納できそうな感じがする。そうすると、縮長480mmの三脚が400mmちょっとの長さで収納できることになる。これならキャリーバッグへの収納もかなり簡単になる!上位機種になれば雲台も金属製になるので剛性感もばっちり。そうなればワンランク上のものを選ぶしかない。

SLIK スプリント PRO II 3WAY BK N

71ng-es-khl-_sl1500_

要件はほとんど満たしているが、予算を若干(2000円程度)上回る。重量も1100gと軽量でよさそう。ウレタングリップもついているので持ち歩きも楽そう。ただ何となく、我が家にあるSLIKの三脚がいまいちな印象ばかりあるのでSLIKかぁ…なんて思ってる。かなりまともな逸品だとは思われるが。

Velbon Sherpa 445II

71l4blopyyl-_sl1500_

完璧に条件内に当てはまるのがこのVelbon Sherpa 445Ⅱ。ウレタングリップがないがその分小さく折りたためそうだし、雲台の見た目もシャープでかっこよさそう。しいて言うならねじも黒ならもっとシャープな印象になったと思うが…。

海外メーカーも検討したかったが…

海外メーカー品でかっこいいのも何個かあったので紹介したいところだが、意外と条件が厳しい(特に縮長と予算)ため、なかなか僕の希望に沿うものがない。Manfrottoの三脚とか個性的でいいなぁなんて思ったんだけど、なんかちょっと違う気がする。さすがに足が5段もあると、80Dを乗せたときには安定感に欠けそう。でも遊びでは一個欲しいかも。SJCAMとかつけると楽しそう。

買いました↓

Velbon Sherpa445Ⅱは超使える三脚だ
自らを精査オジサンに変貌させることで、ついにほしい三脚を決めることができた。それは、Velbon Sherpa 445IIだ。 ポ...