Velbon Sherpa445Ⅱは超使える三脚だ

自らを精査オジサンに変貌させることで、ついにほしい三脚を決めることができた。それは、Velbon Sherpa 445IIだ。

1万円以下でカメラの三脚が欲しい!必要スペックを考えよう
カメラの三脚って、僕は基本的には全く使わない。持ち運びに不便だし、さくっと撮れないし、なんだか写真の構図も制限されてしまう気がする。ただそれ...
スポンサーリンク

ポチったらすぐに届いた

毎度毎度Amazonの配送スピードには驚くばかりだ…。ポチったらすぐに届く。トラックドライバーをしてる友達が「Amazonはだるい」という気持ちもよくわかるほどに、いくら何でも速すぎる。

img_4469

ちゃんと箱の外に「保証書在中」なんて書かれてる。すばらしい。けど、たいてい通販でものを買うと保証書に店のハンコなんて押されてない場合がほとんどだけど、どうすりゃいいのかね。一応納品書と一緒に保管はするけど、いつも不思議で仕方がない。

img_4470

箱を開けると付属のバッグが出てきた。この中に選んだ三脚が入っているらしい。バッグなんておまけみたいなもんだから特に期待はしていなかったけど、安っぽいわりにちゃんと作られている感があって意外と好印象。

img_4471

バッグの開き方もかなり大きく開くので、取り出しやすいししまいやすい。そして中から黒光りする三脚が出てきた。

思ったより重いが、その分がっしりしている

img_4472

スペックを見ると、質量1530gということで結構重い。家にある安い三脚が1kgぐらいなので500mLのペットボトル1本分ぐらい重たいのだが、この重さが意外とずしっとくる。ただその分安定感や剛性感は素晴らしい。足を延ばさない状態だとそう簡単には動きそうにない。

ちなみに、雲台のグリップは写真のように2本つなげることができる。後述するが収納時に便利。

全長1276mmは必要にして十分

img_6219

足を全部伸ばすと、EVなしの状態で1276mmの高さになる。横に背もたれが肩甲骨のあたりまである椅子を並べてみたが、十分に高いのが分かると思う。実際EV無しの状態でカメラを乗っけると、身長172cmの僕で少しかがむ程度。EVを延ばしてもその固定には不安感が全くないので、もうちょっと高さが欲しいって人でも余裕で使えるはずだ。

雲台・グリップの操作性はスムーズかつ確実

img_4473

グリップをちゃんとつけるとこうなる。全体的にすっきりした見た目なのにグリップのデザインがなんだかなぁなんて思っていたが、実際に見るとそんなに気にならない。むしろ太めのグリップでしっかりと雲台を固定することができるので、めちゃくちゃな位置で固定しても全然ずれない。すばらしい。

雲台だが、金属製で動きもとてもスムーズだ。さすがに動画撮影用の雲台と比べると、なんて話をしだしたらたまったものじゃないが、左右の回転や前後の傾きはとてもスムーズで、動画撮影にも十分使えそう。

クイックリリースが超便利


せっかくなので動画を撮影してみたが、クイックリリースが最高に便利なのだ。リリースレバーを一番端まで回転させるとそこで固定され完全にフリーになるし、リリースシューを乗せれば自動でレバーが戻り、全くがたつきなく固定される。

img_6222

img_6221

実はこの写真を撮影した時点ですでに何回か使っているのでちょっと傷がついてしまっているが、このロックの簡便さは、安い三脚しか使ったことのない僕には感動的。もうちょっとちゃんと絞めたいならば、リリースレバーを奥へと軽く押し込めばいい。レバーは樹脂製だが繊維入りの強化樹脂なのでかなり強度がある。ちなみにリリースシューのねじは指でしっかりとカメラを固定することができる。

足の開度は3段階。これも簡単に操作できる

img_62201


足は3段階で開度が設定されているが、これの操作もとても簡単。足が軽く閉じた状態で根元のストッパーを一番右までずらすと、あとは足の開度に合わせて勝手にストッパーがずれていく。実際にこの機能を使って傾斜地で撮影してみたが、素早く簡単に水平を取ることができたし、三脚そのものの安定感もとてもよかった。

雲台を外せば機内持ち込みサイズのキャリーバッグに入る

img_6227

雲台はねじで止まっているのでクルクル回せば簡単に外すことができる。そうすると縮長が一気に7cmほど短くなるので、40cmちょっとの長さになる。そうすると何がいいって、機内持ち込みできるサイズのキャリーバッグに縦に入るようになるのだ。飛行機移動が割と多い僕にとってこれはとてもうれしい。雲台が意外と大きいのでちょっと邪魔だが、適当に服の隙間にでも押し込んでおけば服がクッションにもなるので大丈夫。こうなるとかなりコンパクトに収納できるので、意外とどこにでも持ち運べるようなサイズになる。ちょっと大きめのバックパックにも余裕で入るから、撮影現場での移動も楽々。両手に余裕があるなら付属のバックで持ち歩いてもいいしね。

大変気に入りました

高い三脚も安い三脚もさほど変わりがないだろうとずっと思っていたけど、違いは明確にあった。もっと高い三脚になると何がいいのかはとても気になるところではあるが、とりあえずこの1万円以下で買えるSherpa445Ⅱはめちゃくちゃ気に入った。もうちょい軽ければ何の文句もないけども、コストパフォーマンスに優れる素晴らしい三脚であることには間違いない。「とりあえず三脚が欲しいんだけど…」という人に是非お勧めしたい一品。