ホイールを取り付ける前にコーティングをしておく

せっかくホイールを買ったし、いい感じのコーティング剤も買ったし、ホイールにもコーティングをしておこうと思い立った。どうせあっという間にブレーキダストで真っ黒になるのだけど、使う前にコーティングしておけば汚れも多少落としやすくなるだろう。

格安(?)で軽量ホイールを入手!A-TECH FINALSPEED CAST
今RX-8に履いているホイールは、正直あんまりデザインが好きじゃない。2年ほど前に間に合わせで中古で買ったそれはWeds SportsのSA...
CCIスマートミストを使ってみたらびっくりした
僕は洗車が嫌いなわけじゃないけど、この季節にすると寒いし、洗車大好き!ってわけじゃないので年末に一年の汚れを落とそうなんて考えは毛頭なく炬燵...
スポンサーリンク

まずは両面テープの跡などを落とす

不思議なことに買ったホイールには、外リムに両面テープの跡があった。明らかにバランスウエイトを貼った跡だったんだが、いくら少し深リムになっているからと言ってそこに貼らなくてもいいじゃないか…。しかもその両面テープを放置してホイールダストがこびりついている状態。そこまできれい好きなわけじゃないけど、さすがにこれはいただけないのでこそぎ落としておく。

届いた状態を撮影するのを忘れてしまったので、こそぎ落とした後の写真を…。適当なプラスチック製のヘラとかがあればいいのだが、あいにく持ち合わせていなかったので、ボディが樹脂できているボールペンを、ペン先を出さずにこそぎ落とすと塗装を傷めず大まかに両面テープを落とせた。

そしてパーツクリーナーを使って残りも全部落とす。ついでにスポークなどについていたタールっぽい黒い汚れなども落としておいた。

鉄粉除去

このホイールもおそらくメタルパッドが付いた車で使われていたらしく、そこそこブレーキダストが付着した状態だったので、それをできるだけ落としておきたい。

というわけで使うのは定番のパープルマジック。数年前に買ったのが残ってた。

ホイールにざっと水をかけたのちにパープルマジックをスプレー、ブラシを使ってホイール全体に溶液を延ばすとちょっと効率よく掃除ができる。

だが前オーナーがちゃんと売る前に掃除してくれていたらしく、さほど紫色にならない。ちょっと拍子抜けだ(笑)。でもスポークとリムの継ぎ目やホイールナット付近など、若干ダストが積もっていたところを重点的に掃除するときれいになった。リムに付着したダストは頑固でほとんど取れなかったので、トラップ粘土を使って落としてみたが、気持ち綺麗になるだけでツルツルピカピカにはならなかった。粘土はどんどん汚れていくわりにホイールはそこまできれいにならない。まぁこんなもんでいいだろう。どうせすぐ汚れるし…。

コーティングをする

この前買ったCCI スマートミストを用意し、濡れている状態のホイールに吹きかける。拭き上げにいつも洗車に使っているセームを使うのはちょっとなぁ…と思っていたのだが、ちょうどその昔買ってどっかにやってしまったと思っていたセームが発見されたのでそれを使うことに。

見つけたときにはカピカピになっていたこのセーム、ちゃんと水に浸すと柔らかくなって吸水性も戻ってきた。でもここまで薄くなかった気がするんだけど…、こんなもんだったっけな?

とにかくそのセームで拭き上げていく。ホイールはすぐに汚れるし、大した労力でもないので2回、3回とスマートミストをかけて拭き上げてみたところ、かなり艶が出てきた。ホイールダストでざらざらしているところでも文字の映り込みが見えてくるんだから、このコーティング剤は本当にすごいかもしれない。

ばっちりきれいになった

さすがにパープルマジックやトラップ粘土を使っての鉄粉除去を行ったおかげで、かなりきれいになった。もともとあまり汚れていなかったスポークなんてツルツルで手が滑りそうだ。ここまできれいにしておけば軽く水洗いするだけでもそれなりに汚れが落ちそうな感じがする。5本スポークで掃除しやすくなったし、これから洗車するときはちゃんとホイールもコーティングしようかなぁ。

↓RX-8に装着した

KR20A & FINAL SPEED CASTを装着
ホイールも買ったし、タイヤも買ったし、あとやることは車につけるだけ。 さらば、SA-90 タイヤのはめ込み、バランス取り...