雨上がりの中、美浜サーキットでの自己ベストを更新!

こいつ本当に大分県に住んでるのかよ?と疑われても仕方がないレベルで中部地方のサーキットに行きまくってる気がする。本当に大分県民です。

スポンサーリンク

目指せ美浜47秒台

美浜サーキット50秒切りはATR-SPORT2で達成した。また、先日モーターランド鈴鹿を走った時には、ATR-SPORT2で出したタイムを約1.5~2秒ほど更新した。このことから、ドノーマルのSTD RX-8でも美浜サーキットを48秒台半ば、条件さえそろえば47秒台を出せるはずだという超適当な目標を立てた。目指すだけなら自由だ!

KR20A驚きのレイングリップ

僕は知っている。ナンカンのNS-2に代表されるいわゆる「アジアンタイヤ」の類のほとんどはレインコンディションにべらぼうに弱いことを。

あああああああああああああああああ!!!!!!!!!!!!!!!

というわけで思いっきり雨のなか美浜サーキットを走ってきた。こういう時に限って雨が降るんだからほんと嫌よね。


というわけで走ってみたが、それはもうドン引きレベルでグリップしない。タテもヨコも全く使い物にならない。当日はATR-SPORT2を履いた友人の車も運転させてもらったのだが、そっちのほうがよほどグリップが高い。ってかATR-SPORT2は溝がある状態なら普通にレイングリップ高いのよね。

ラインを大きくとってなるべくグリップする場所を走ってみても、根本的にグリップが低すぎる。最初空気圧を思いっきり上げて走ってみたが、トレッド面が動く気配すらなかったので逆に思いっきり落としてみたら、タイヤ全体がヨレまくって運転しずらくなったがタイムは上がった。なんなんだこれは…。

かろうじて晴れた

午前中は雨だったのだが、午後からとりあえず雨は降らないという予報だったのでダラダラしながら待っていると15時ぐらいにはぼちぼち乾いてきた。これはもしかすると16時枠ならドライで走れるのでは…?淡い期待を抱きながら路面が乾いていく様子を眺めていると、ついにその時が来た。路面にはわずかにウエットパッチが残っているが、ほぼほぼドライコンディションになった。


49.399秒…しょっぱいタイムだ。

ストレートや随所に水たまりが残っている状態で、ふつうに考えればコンマ5ぐらい影響してくるかなぁというところではあるが、KR20Aの驚愕のレイングリップの低さを考えるともうちょっと大きく影響してくるかもしれない。

自己ベスト更新とはいえ、まだまだやれることはあるはず。リベンジせねば!