カメラのストラップを300円以下で簡単に取り外しできるようにする

先日カメラのレインカバーを買ったのだが、これをつけた状態だとストラップが使えないのでカメラを首から下げられない。常に右手でカメラを持てるならばそれでもいいのだが、できれば両手がフリーな状態で持ち運びできるようにしたいので、ストラップ側を改良したい。

雨でもガシガシ撮影したい!WAKA カメラレインカバー
カメラにとって水分は大敵である。最近のデジカメは超精密電子機械だから水に弱いのは当然だし、そもそもカメラのレンズ内に水分が入ると写真がぼやけ...
スポンサーリンク

安く、そしてかっこよく

「カメラ ストラップ 取り外し」

みたいなキーワードで検索するとすぐにある商品がヒットする。それがこれ。

スマートだしかっこいいけど…高くない…?ただストラップが取り外せるだけなのに。

モンベルのミニカラビナを発見

最初考えてるときは、こういう文房具についてるスプリングスナップで十分だよなって考えてたのだが、ふと立ち寄ったアウトドアショップでミニカラビナを見つけてしまった。

それがこれ。困ったことに安いしかっこいい。ちょっと悩んですぐ購入。

ストラップに取り付ける

というわけで80Dを買った直後から取説通りにつけていたストラップを外して、

ボディにリング、ストラップにカラビナを装着。

パッチンとはめるだけで簡単につけ外しできるようになった。

レインカバー使用時にも首から掛けられるように

というわけで本来の目的であった、レインカバーを使ってるときも首からかけられるようになったはずだ。確かめよう。

ストラップを外した状態でレインカバーを装着。右手側からストラップを引き出す。

左手側にストラップを入れて、カラビナをリングにつける。

完成。無事に首からかけられるようになった!

ストラップを伝って雨がボディにかかったり、レインカバー内に水たまりができる可能性もあるが、ひとまずは雨の直撃を防いで首からかけられることが大切なのでこれでOKだ。

洒落てる上に便利

赤いカラビナが刺し色になって洒落てる感じがなかなかかっこいい。もう一回り位小さいと邪魔にならないかなぁと思いながら買ったが、写真を撮影するうえで特に邪魔になるようなことは無さそうだ。

ただ、金属のカチャカチャという音が鳴るので、風の吹いている場所での動画撮影の場合には邪魔な音が入ってしまうかもしれない。そういう点でリングは樹脂製とかのほうがいいように思う。要改良事項だ。