RX-8の燃料ポンプを交換してもらった(リコール)

これまでのエアバッグリコールなどは発表されてから実施されるまでに数か月という時間がかかっていたけども、2017年6月に発表された燃料ポンプのリコールはすぐにできるということだったので、さっそく受けてきた。

RX-8の新しいリコール!燃ポンとロアアームが新品交換されるらしい
RX-8にまた新たなリコール情報が2017年6月1日発表された。なかなか販売してから10年以上たってもまだリコールが続く車ってのも珍しい気が...
スポンサーリンク

代車を用意してくれた

リコールのお知らせが書かれた手紙によると、作業時間は1時間ほどを予定しているとのことだったが、予約したディーラー(いつものとこ)によると作業はそこそこ時間がかかるとのことだったので、代車を用意してくれるそうな。なにかな~デミオとかがいいな~と期待に胸を躍らせてディーラーに向かったら、こいつが用意されていた。

プレマシー…しかも福岡ナンバー…。

福岡ナンバーはどうでもいいとしても、RX-8オーナーの代車に3列シートのミニバンを用意するセンスはいただけない。しかもあんまり洗車されてなくてきれいじゃないし。でもなぜか16000km弱しか走ってない超低走行車。乗り心地もいいしよく走るし素晴らしい。内装のチープさがパンパじゃないけどフロントルームランプがRX-8と同じだったので気にしないことにした。

あとカギについてた「KATSUKO」のキーホルダーがめちゃくちゃ気になった。カツコって誰だ。

燃費はいまいちなようだ

無事に燃料ポンプは交換された

午前10時に預けに行ったら、16時に作業が終了したとの連絡が来た。預けたときには15時ごろって言ってたけど、これまでのあのディーラーの印象を思えばこんなことは別に大した問題ではない。

というわけで無事に作業は終了。燃料ポンプなんてそう簡単に壊れる部品じゃないけど、ある時突然壊れてしまう部品の一つであることは間違いない。定価で3万円ほどする部品がタダで交換されるのだから超ラッキーだ。

写真撮ったのはこの距離だけど実際の交換距離は116388k。