GALAXY S8にガラスフィルムはあまりオススメしない

先日スマートフォンを買い替えた。

スポンサーリンク

GALAXY S5 ACTIVE → S8へ

技術の進歩というか、時代の進歩は著しい。2年半ほど使っていたGALAXY S5 ACTIVEはそのモバイル端末としての性能もさることながら、デザインや耐衝撃性能も素晴らしくとても便利に使っていたのだが、最近はかなり性能の低下が感じられるばかりではなく、バッテリーが膨らんできて熱も持つようになってきた。純正バッテリーを買っても5000円ちょっとなのでそれに交換しようかなぁとも思ったが、2年半使ってきて痛みも激しいし、GEAR360などの他SAMSUNG製品との連携もできないので、せっかくだから最新機種のGALAXY S8に買い替えた。

これのレビューを書いてもいいかなとは思ったんだけど、その辺のことは他のブログさんのほうが詳しいしどうでもいいかな~。ちなみにさらっと書くと、性能はめちゃくちゃいいし、電池の持ちもゲームなどをしなければ2日ぐらいは充電しなくても余裕で持つし、とにかく液晶はきれいだしということはない。独自の横が丸まったedgeスクリーンは最初慣れないが、そのうち特に違和感が無くなってくる。縦長だが長さ自体はS5ATIVEとほぼ変わらず、横方向に狭くなっていてかつ薄く軽いので持ちやすい。つるっと落としてしまいそうな危うさはあるもののデザインは先進的で超かっこいい。カメラの性能もすごい。僕は韓国びいきなわけではないが、これに関しては国産スマホなんて敵ではない(と個人的に思う)。S8+は僕にとっては大きすぎるのでNG。ほんとはS8よりもさらにコンパクトなほうが嬉しい…。

ガラスフィルムを買ってみた

スマートフォンのほぼ全面が画面のようなGALAXY S8で保護フィルムを貼らないのはちょっと怖い感じがする。だからガラスフィルムなるものを買ってみた。

Lakko 強化ガラスフィルム

それがこれ。Lakko 強化ガラスフィルム。ガラス製のちょっと厚手のフィルムらしい。とりあえずパッケージはかなり頑丈で素晴らしい。輸送中にガラスが割れてしまうようなことは無さそうだ。

裏面に貼り方が書いてある。印刷があまりきれいではないが読めないことはない。

中を開けるとこんな感じ。ガラスフィルム本体と、画面をきれいにして埃を取るためのクロスや粘着フィルムが付いている。

フィルム本体はちょっと厚手でかなり固い。もはやフィルムと呼べるものではないと思う。

スピーカーやカメラレンズ用の切り抜きがある。ちなみに本当に穴が開いているのは中央の長穴だけで、他は黒の印刷がないだけ。

貼ってみたけど…

というわけで貼ってみた。パッケージ裏面に書いてある通りにすれば、ある程度慎重に作業擦れば誰でも簡単に埃がなくしっかりと貼れるぐらい簡単。

だが使い勝手はかなり微妙。この時点でガラスフィルムのテカリが強く、ギラギラして見にくい。特に屋外だと反射がきつくて全然見えない。

またこのフィルムは粘着部分が上下左右のわずかな部分にしかないのだが、これが微妙な線となって画面の美しさの邪魔をする。せっかくのエッジ部分が汚く見えてしまう。

上部の穴の精度はばっちり。完璧な場所に切り抜きがあるので何の不具合もない。

このようなキーボードを使う場合、特に両端のキーのタッチ感度がかなり悪化する。Aキーやバックスペースを押したつもりでも押せてなかったりするのでかなりイライラしてしまう。

使用期間わずか1日

もしかしたらこういうのが好きって人もいるかもしれないけど、僕には合わなかったので1日だけ使ってみて剥がしてしまった。分厚いフィルムは手触りもいまいちで、S8の滑らかなデザインを悪くさせた。ここまでデザイン性の高い端末だとこういうフィルムを張るのが嫌になるよなぁ~。かといって何にも貼らないのも何となく不安なので、今は通常のフィルムでアンチグレアなものを買おうかと検討している。

ちなみに、保護フィルムとしての性能はすごい

せっかくほぼ未使用の状態で剥がしたので、カッターでガリガリ刃を立ててみたりしたがこれっぽっちも傷がつかなかった。また手である程度まで曲げてみてもしなるし、適当に机などにたたきつけてみても割れたりしない。さすがに強く叩きつけたら写真のようにヒビが入ったが、それでもバラバラになることなく原型をとどめている。”保護”する性能は素晴らしく高かった。