USB TypeCケーブルを導入!EnacFireは3本セットでお買い得

先日スマートフォンをGALAXY S8に買い替えたのだが、この端末、最新機種なだけあって従来のmicroUSBではなくUSB TypeCの端子が付いている。僕のこれまでのスマートフォンや、SJCAMをはじめとするガジェットの類はほぼ全部がmicroUSBだったので、我が家にあるほとんどのUSBケーブルはmicroUSB用である。これでは困るのでUSB TypeCを買った。

スポンサーリンク

EnacFire USB TypeCケーブル3本セット

というわけで買ったのはEnacFireというブランドのTypeCケーブル。Amazonで3本セットで安かった。パッケージはシンプルだけど好印象。”Fire up your passion for life”って書いてあるけど、直訳すると「人生の情熱に火をつけろ」となんか妙に熱血系。このケーブルにそこまでのパワーがあるのか。

蓋を開けると、超簡単な取説と、3本のケーブルが入っている。包装は簡単だけどこれで十分。

1mが2本、50cmが1本の3本構成。1mは家での充電用と車用、50cmのほうはモバイルバッテリー用にちょうどいい。

ケーブルは太く固めだが、使い勝手はいい

手元にあったmicroUSBケーブルと比べてみると、ケーブル本体がかなり太く見える。実際に測ってみると、microUSBが直径3mmに対し、今回買ったケーブルは4mm弱と約1mm太い。その分ケーブル自体の硬さも若干あるが、取り回しに不便というほどではない。

端子の作りも丈夫で、そう簡単に折れたり壊れたりしそうな感じはない。

ケーブルをまとめるのにつかわれているテープがなかなかに使い勝手がいい。先端をケーブルに固定できるようになっているので、取り付けておけばいつでも簡単にケーブルをまとめることができる。これ結構高評価。

あと注意が必要なのだが、このケーブルはUSB3.0規格のものではない。通信速度で言えば2.0規格(480Mbps)なので大して速くない。でもパソコンとスマホをつないでもそこまで不満はない。不満のある人は3.0規格のケーブルを買うべき。

一方で充電速度は2.0A対応なので十二分に速い。Anker PowerDrive 2のように2.0A以上の電流で充電できる機器がある場合は2.0Aで充電されるので、あっという間にフル充電になる。

TypeCって、便利

というわけで実はもう1か月近く使っているのだが、TypeCはmicroUSBと違って裏表がないので簡単にスマホにさせてとても便利。あの裏表どっちか探っている時間がないというだけでもかなりストレスが解消される。

またこのケーブルの端子も、適度な接続感と接続の硬さがあるので、そう簡単にスマホから外れてしまったりしないし、なかなか品質が高そうだし、何より3本セットで1000円前後とかなり買いやすい値段になっている。これからTypeCがどんどん普及してくるのだと思うが、買い足しにもちょうどいいセットといえるだろう。18か月間もの保証もついているので安心だ。