格安のレーザー彫刻機は果たして使えるのか?HTPOW 1000W小型レーザー彫刻機を買ってみた

レーザー彫刻機は男の子の憧れ。木材やらレザーやら金属やらに、オリジナルのロゴや名前をレーザーでチュインチュインとオリジナルグッズを作ることを妄想しない男子なんていないはず。…え?したことないの?嘘だろ…。

スポンサーリンク

HTPOW 1000W小型レーザー彫刻機

開封

というわけでポチっとしてみたら、妙な箱が我が家に届いた。なんのロゴも入ってないし、透明テープべたべた貼ってあるし、怪しさをビンビンに放っている。

蓋を開けてみると、ちょっと雑に中身が詰め込まれていた。緩衝材はちゃんとしてるから全く問題ないけど。

というわけで購入したのはHTPOW(読み方がわからない)の1000Wレーザー彫刻機。低出力なので金属は彫れないらしいが、その分かなり安い。

中身はこんな感じ。

  • 彫刻機本体
  • データケーブル(microUSBケーブル)
  • 電源
  • ゴーグル
  • USBフラッシュメモリ
  • 彫刻用ウッド

ちなみにレーザー本体はこれなんだけど、

付属の+ボルト2本で本体に止めて配線繋ぐだけ。こんな簡単でいいのか?精度は出てるのか?謎は深まるばかりだ。

使い方

取説(日本語もあるけど機械翻訳かつ結構いろいろ省かれてる)によると、USBフラッシュメモリーの中にレーザー彫刻機を動かすためのソフトウェアが入ってるらしいが、そのUSBメモリってどれだ?

…あった。このギター、ただの彫刻の見本かと思ったけどまさかのメモリーだった。

というわけでパソコンに差し込む。妙な絵面だ…。

ギター型メモリーの中身はこんな感じ。中身はPCのローカルフォルダに移してもそのまま動くので、そうすればギターを差し込まなくてもよくなる。僕の場合HTPOW.exeがセキュリティソフトに引っかかって動かなかったので、セキュリティソフトの設定をいじってHTPOW.exeが安全なソフトだと設定すると動いた。

HTPOW.exeを開くとこんな画面が出てくる。中心の白い枠の中に、彫刻したい画像データをドラッグアンドドロップすると彫刻できる。画像データは今のところJPEGとPNGを入れてみたところ動いた。他の形式で動くかどうかは不明。

ギター型メモリーの中に彫刻用の画像ファイルがあるので、開いてみる。…まぁ取扱説明書を見た段階で大体予想はできてたけど、著作権的にいかがなものかと思われる画像が並んでる。きっとそう見えるだけで全然違うものなんだよね…?

この中で唯一カラーでかついろんな色が使われてるこの画像を使って彫刻してみる。

画像をドラッグアンドドロップするとこんな感じに勝手に白黒に変換される。Binary Craveを選択していると、Effect adjustmetの値を変えることで、どの領域まで白黒はっきりさせるかを選べる。

Offline Craveを選択すると、完全自動で白黒へと変換され、Send Image To SuperCarverを押すことでUSB接続されたレーザー彫刻機にデータを送って、パソコンと繋ぐことなく彫刻機単体でレーザー彫刻できるようになる。あんまり使うことはないかな…。

というわけでせっかくカラーのイラストなので、Gray Craveを選択してみる。これはFilterの値を変更することで灰色の具合を変えることができる。

ここで彫刻機の準備をする。彫刻機とパソコンをUSBケーブルでつないで、彫刻機に電源ケーブルを刺す。彫刻したいもの(今回は薄い木の板)をテープや輪ゴムで彫刻台に固定する。

この時レーザー光が弱く出されているので、付属のゴーグル(超安っぽい…)をかけてレーザー光が彫刻したいものの上で一番細くなるようにレーザー本体のネジを回してピントを合わせる。肉眼だと分かりにくいし目が危ないので必ずゴーグルをかける。

Craving Preview Boxを押すと、彫刻する範囲をレーザーが動きながら四角く示してくれる。上下左右に彫刻位置をずらしたいときは、その下のMove Box or Laserの中のボタンを押して位置を調整できる。問題なければStop at Middle of Imageを押すと、画像の中心点でレーザー光が止まる。画像のポイントごとでどこにレーザーが当たるかを知りたいときは、オレンジで囲ったオンラインアライメント彫刻ボタンをクリックして、マウスポインターを画像の好きな位置に動かせば、それと連動してレーザーも動く。

彫刻位置に問題がなければ、Craving Timeを調整する。深く掘りたかったり、材料の焦げやすさによって調整するのだが、取説によると薄い紙が6~10、レザーが20~30、木材は50~60とのこと。一か所当たりのレーザーの照射時間が変わるので、大きな数字にすればするほど作業完了までの時間がかかる。

これらを全て調整出来たら、Startボタンを押す。すると彫刻が開始される。

こんな感じで動く。ちょっとうるさいのと、木材を焦がしてるので焼けた匂いがする。閉め切った部屋でやるべきじゃない。

レーザー彫刻中は、どこまで彫れたかを赤い線で示してくれる。

左下のRun timeを見ると、全部彫り終わるのに14分24秒かかったことがわかる。

仕上がりはこんな感じ。色の濃淡までしっかりと出てる。大体40×40mm位のサイズまで彫刻できるっぽい。

ソフトの虫眼鏡ボタンを押すと彫刻サイズも変更できるので、小さいのも彫ってみた。小さくてもしっかりと細かく彫刻できてる。すごい。

樹脂に彫刻してみる

USB OTGケーブルに掘ってみたらこんな感じに。彫刻時間を40msにしてみたが長すぎたらしく、ちょっと溶け気味でいまいち。もうちょっと短い時間にすればよかった。この辺は要研究。

紙を切断してみる

ソフトウェアでは鉛筆マークを選択すればマウスで線や絵が描ける。それで適当なマークを作ってみた。これで白いコピー用紙を切ってみる。

出来たのがこれ。彫刻時間を木材用の50msにしたので切断できているが、部分的に切れていないところができてしまった。おそらく焦げたときに出てくる煙が邪魔してレーザー光が紙に到達したときには出力が落ちていたのだろう…。彫刻機には煙を排出するファンもついていて、彫刻中は自動で動くが、こういうことをしたい場合は彫刻機そのものに扇風機を当てるなどして積極的に煙を排出させねばならないかもしれない。

結構楽しめる

試してみた限り残念ながら金属に刻印することはできないみたいだが、手軽に様々なものを彫ることができるのは楽しい。安いだけあっていろんなところに雑さは感じるが、家でレーザー彫刻を試してみたいなら一度買ってみてもいいかもしれない。