レンズの汚れを一瞬で除去!HAKUBAのレンズペン3は間違いなくカメラメンテナンスの必需品

写真を撮っているとどうしても気になるのが、レンズの汚れ。特に僕は埃が舞っていたり雨が降ったりという環境で撮影することがあるので、どうしてもレンズに汚れがついてしまう。普通に使っていても、レンズの交換時についつい触ってしまって皮脂油がついてしまうことだってある。

僕はこれまでそういう汚れはメガネ拭き用のマイクロファイバーを使って綺麗にしていたのだけども、使っているマイクロファイバーの性能がいまいちできれいにするのはちょっと根気が必要だった。大まかな汚れは結構取れるんだけども、あとちょっとの汚れが取り切れない…。またウエットタイプのクリーナークロスを使うと油汚れは取れるんだけども、拭きムラができたりしてちょっと気になる…。できればサッと簡単に掃除できるような道具はないのだろうか…。

スポンサーリンク

レンズペンがあるじゃないか

参照:Amazon

そんな時に見つけたのがHAKUBAのレンズペン。先端のセームで汚れを拭き取り、反対側の収納式のブラシで大まかな埃を除去できるらしい。しかも一眼レフユーザーからめちゃくちゃ評価が高い。ふ~ん、ペン形状でコンパクトだし使いやすそうだなぁ。

でも高くない?

そう、僕はいっつもここで悩む。たかだかセームが付いただけのペン形状のメンテナンス用品に1600円は高い、と。ただ特許技術のカーボン粉末で汚れを効率的に落とし、しかも静電気を防止して埃を付きづらくさせるところとか結構気になる。これは類似品のメンテナンス用品にはない性能だし…。

なぜか液晶画面用が500円安かった

このレンズペンには

  • レンズ用
  • フィルター用
  • ファインダー用
  • 液晶画面&レンズ用
  • コンデジ用

の5種類のラインナップがある。プロキットはレンズ・フィルター・ファインダー用が3本セットになっていてちょっとお得だ。

それぞれの違いは基本的にはチップの形状だけなのだけども、さすがにそれを全部使い分けるのはめんどくさいしコストもかかる。どれか一本で全部済ませるならどれがいいだろう。レンズ用は曲面形状で使いずらそうだし、ファインダーやコンデジ用はチップがちょっと小さいし、となると平面形状のフィルター用かなぁ…なんて思って価格を見ていたら、ちょっとした事実に気が付いた。

液晶画面用が500円安い!

僕が閲覧した時点でレンズ・フィルター用が約1600円なのに対し、ファインダー・液晶画面・コンデジ用は約1100円だった。ファインダーとコンデジ用はチップが小さいので何となくわかるが、液晶画面用は確かに若干小さいもののフィルター用と面積の差は大したことがない。これ、液晶画面用がお得なんじゃない?

レンズペン液晶画面用を買いました

高い高いと言いながら、500円安いというだけの理由で液晶画面用のレンズペンを買ってしまった…。液晶画面用とは書いてあるけど、レンズにも使えるし、そもそもセームの材質は他も変わらないっぽいので安心。

レンズペンという名前なだけあって、ボールペンと比べると少し太く短いけども、確かにペン形状。

先端のキャップを回して外すとセームチップが現れる。液晶画面用なので、ギターのピックに似た三角形をしている。キャップの底にはスポンジのようなものに包まれたカーボン粒子が入っていて、キャップを閉めるたびにチップにカーボン粒子を補給する仕組み。キャップをひっくり返しても粉が落ちることはないが、そのうちキャップをなくしてしまいそうな感じはある…。

上部には、側面のボタンをスライドすると出てくる山羊毛のブラシがある。毛は柔らかくしなやかで、本数も多いのでほこりを除去するのにちょうどよさそう。

予備のチップ&キャップも付属している。チップは500~1000回ほど使用可能らしいので、ふつうに使っている分にはチップ一つで1年以上は余裕で持ちそう。

使ってみる

さっそくレンズペンを使ってみよう。

まずはレンズ面の埃をブロアーかレンズペンのブラシで除去。レンズが濡れていたり、汚れが激しい時はティッシュやクロスで拭いてから作業したほうが、レンズペンのチップを傷めずに済む。

そしてレンズペンをレンズの中心から、螺旋を描くようにクルクルクル~っと外側に向けて拭き上げる。

フィルターも同様にクルクル~っと拭き上げた。

一瞬できれいになった…

使ってみて思った。

レンズペン、すごい…。

今回拭いてみたフィルターは事前にウエットタイプのクリーナークロスで拭いたものだったのだけども、どうしても洗浄液の拭き残しがうまく取れなかった。それなのにレンズペンで一拭きしただけであっという間に拭き残しがほとんど除去されてしまった。残った部分も追加で拭いたらあっという間にきれいになって、フィルターはすっきり透明に!もちろんレンズもあっという間にきれいになった。これは驚きだ…。

一部レビューに「新品の時はカーボン粒子が若干拭き上げ面に残るので、気になる場合はブラシで落とすといい」というものがあったが、少なくとも僕が試した限りではカーボン粒子が残ることはなかった。

絶対に買った方がいい

今まで「こんなもの無くてもいいでしょ」と思っていたけど、このレンズペン、あるとメンテナンスに掛かる時間がかなり短縮されるし、圧倒的にきれいになる。もちろん液晶画面も拭いてみたが、きれいさっぱり汚れが落ちた。

ただ、このレンズペンはあくまでも最後の仕上げに使うべき用品であって、これさえあればブロアーやクリーナークロスが必要なくなるか?と聞かれれば、そういうことではない。ひどい汚れはクロスで拭き取った後じゃないとレンズペンの真価は発揮できないし、そうしないとチップの寿命を縮めることになりそう。ただ、最後の仕上げが本当に一瞬で終わるので、一眼レフユーザーならレンズペンは絶対に買った方がいい。