Ninja250R VS ZX-6R!ミニマムサーキットでもSSは速かった…【一本クヌギスピードウェイ】

SPA直入での体験走行を果たした僕とZX-6R乗りの友人。ただせっかく来たのだからもっとたくさん走りたい!ということで、SPA直入からほど近い超ローカルサーキット、一本クヌギスピードウェイに移動し走り込みを行う!

大学の同期の友達がいるんだけど、彼は大学生の時にバイクを買って以来バイク一筋であっちこっちをツーリングしている。ストリートを攻めたりするわけ...

スポンサーリンク

誰かと一緒に走るって楽しいね…

前回走った時は一人だったし、いまさらながらに思ったけども、誰かと一緒にサーキット走るのって楽しいね…。こうやって走ってる写真も撮ってもらえるし、ホント最高。どんなにカメラの腕をあげたって自分の走ってる写真は撮れないんだから、あんなに意味のないことはない…。特にこのコースはタイム計測ができないので、ただひたすらに走るだけになってしまうのだけども、友達がいるってだけで楽しさが倍増。

友人もSPA直入ではできなかった全開走行ができてご満悦の様子。ZX-6Rを全開で走らせるには小さいけども(Ninja250Rもだけど)、サーキットを走ることの楽しさはサーキットサイズには依存しないのだ!

ってかLAP+Cが動かない…

さっきタイム計測ができないとは言ったが、一応747ProSとGALAXY S5 Activeを持って行って計測できるようにはしておいた。ただ…、前回作手を走った時もそうだったのだが、なぜかラップタイムが全く表示されない。これはどうにかして動くようにしたいのだけども、原因がわからないのでちょこっと走って動かないことが確認できた時点でもう放置!タンクバック載せて走るのもアレだし、今回はもっと純粋に楽しみたいのだ。

スーパースポーツってやっぱ速い…

今回は車載カメラにSJ4000を持って行ったので、ついでにZX-6Rを駆る友人を追いかけてみたりもしたのだけど、

スーパースポーツってマジではえぇ…

もちろん友人はバイク一筋、僕はバイクはたまに乗る程度の人間なので、バイクを運転することに関する技量の差は結構大きいのだけど、それにしたって立ち上がりがべらぼうに速い。ちょっとしたアクセルONできる区間に入ったとたんにすさまじい勢いで離される。コーナリングも向こうは安定感抜群のままコンパクトに曲がっていくし、マジでまったく相手にならない。Ninja250Rはスポーツバイクじゃないから…。

割とバックステップが欲しい

前回走った時も思ったけども、倒しこんでいくとブーツの先端が簡単に地面に当たってしまってすごく怖い。足先をバイク側に畳んだりもするけどもやっぱりブーツが当たる。なんだかもっと行けそうな感じはあるのにその恐怖感で行けなくなるから、リミッターとしてはちょうどいいんだけども、どうしても物足りなさがある。やっぱバックステップ欲しい…でもバイクにお金はかけたくない…そもそもそんなに本気で走る気もない…でも中国製の安いバックステップは魅力的だし…。うーん、悩みどころである。

とにかく楽しければ万事OK

そうは言いつつも楽しかったので大丈夫。そう、楽しくて怪我無く終われば何でもいいのだ。このサーキットを走るとそんな気分にさせられるから好き。またそのうち遊びに行こう。