一本クヌギスピードウェイでバイクサーキットデビューしてみた

バイクっておもしろいんだけど、同時に怖い乗り物だよなぁ~と常々思いながら乗ってる。そう思っているからなおさら公道で飛ばしたり一生懸命バイクを寝かせて走らせてみたりする気が全く起きない。

でもそれじゃあタイヤが台形になって行くだけだし、バイクの魅力のほんの一部しか味わえていないようで何となく退屈。それがすべてではないもの、やっぱり車と同じようにサーキットを走ってみたいという欲求は確かに胸の奥にあるわけで。

スポンサーリンク

装備品をそろえるのが大変

ただバイクでサーキットを走ろうと思うと、車で走る以上にかなりハードルが高い。それはコケたときのけがを防止するためにしっかりとした装備品で走らなければならないから。具体的には、

  • 革つなぎ:5万円
  • レーシンググローブ:2万円
  • レーシングブーツ:3万円

と安く抑えようと思っても装備品だけで軽く10万円が財布から消えていく。バイクで走行可能なサーキットのほとんどは、きちんとしたバイク装備でないと走行を認めていないので、これらは必須要件だ。まだバイクでサーキットを走るのが楽しいかどうかさえ分からない状況でそれは厳しい。

装備をそろえなくても走れるサーキットがあるらしい

ただ稀に、古くて小さく物理的にスピードが出せないようなサーキットでは、装備品の規定がゆるゆるで、割と気軽に走れてしまう場合がある。怪我すると危ないのでちゃんとした装備で走ったほうがいいに決まっているのだが。そしてそんなサーキットが割と身近にあることを僕は昔から知っていた。

一本クヌギスピードウェイ

それがここ、通称「イノシシ村」こと「一本クヌギスピードウェイ」。

大分県の山中に位置する一本クヌギスピードウェイは、昔はレーシングカート専用サーキットだったものの、時代の流れとともに四輪やバイクを開放、今ではほぼ何でも走れるサーキットとなっている。

走行料もめちゃくちゃに格安で、

  • 四輪:半日3000円
  • カート:半日3000円
  • バイク:半日2000円

という破格設定。ちなみに午前中が四輪、午後がカートとバイクという時間分けになってはいるものの、平日の人が少ないタイミングであれば別にいつ来てもいいらしい。しかも年中無休である。もう意味が分からない。ちなみにバイクだとヘルメットを着用すれば走れるし、四輪だとメットをかぶる必要もない。一応左回りが正規の周回方向ではあるものの、どっちに走ろうが自由で一緒に走る人と話し合って決めていい。規定が緩すぎる。

サーキットはぼろい

はっきり言ってかなり古いサーキットなので施設の老朽化は激しく、割と最近になって部分的に舗装し直したらしいがコース上のひび割れなどは結構多い。

一番集中しているところでこんな感じ。古いカートコースがそのまんまなのでコースは結構狭く、四輪だとほぼほぼジムカーナに近い。バイクだと125ccぐらいまでがちょうどよさそうな感じのサイズ感。

しかし他に走るところがバイクならSPA直入、四輪だとオートポリスと一気に敷居が高くなるせいか、こんな感じでも車のタイムアタックイベントが定期的に開催されてたり、土日はそこそこ人がいたりと意外と人気。まぁ値段設定が破格だしなぁ。

走ってみた

というわけでNinja250Rで走ってみた。他に誰もいなかったので貸し切り状態。ズボンがただのジーパンだということと、こけたら家に帰れなくなる可能性があるのでさすがにあんまり攻める気にはならないが、とりあえずコースイン。

ぶっちゃけ僕はバイクにあんまり乗らないせいでバイクの運転はヘタなので、最初のうちはかなりおっかなびっくりで走っていた。路面の亀裂も多いのでちょっと気になったりもするし、テクニカルコースなのでうまく曲がれないこともしばしば。でも何となく慣れてわかってくると、ラインを選んでみたりブレーキの前後バランスを考えてみたり、小さいコーナーだとリアブレーキを積極的に使って曲がってみたりとなんか楽しくなってくる。

…バイクでサーキット走るのも、結構楽しいな…。

ラップタイムもわからないし、ただ走ってるだけなのだけど、やっぱり公道とは全く異なる面白さが確かにあった。慣れて楽しくなって来たときに、一回ちょっとコケそうになってはしまったけど(笑)。逆にここで正気を取り戻せたので、そのあともコケないことを意識しつつかなり楽しく走れた。車も面白いけど、バイクも面白いな~。次来るときはちゃんとオンボード映像を撮れるように準備してまた遊びに行こうっと。