RX-8のスパークプラグ交換方法【DIY】

シェアする

RX-8のプラグ交換方法です。プラグ交換なのにジャッキアップが必要なので、不安な人は素直にプロに任せましょう。

RX-8のプラグ交換

超ロングエクステンションのプラグレンチが必要

普通プラグ交換と言ったら、ボンネットを開けてカバーを外せばちょちょいのちょいで出来るのだけども、ロータリーエンジンの場合はそうはいかない。

RX-8のプラグは左タイヤハウスからアクセスしないと外せない。これゆえ、最低でも上の写真ぐらいエクステンション(250mm×2)を噛ませたプラグレンチが必要になる。ちなみに、実際のところ650mmぐらい延長させた方が便利。20.8mmのプラグソケットとの間にはユニバーサルジョイントを噛ませる必要もある。

またプラグは専用品で、RX-7との互換性すらないので、RX-8専用のものを購入する必要がある。NGK製(純正)かDENSO製からチョイスできるが、NGK製を選んだ方がいい。DENSO製は安いのだが、熱価が純正よりも高いのだ。今回は試しにDENSO製を選んでみたが…。

RX-8のスパークプラグは専用品ゆえ、選択肢が極端に少ない。実際、 NGK(純正)DENSO の2メーカーからしかプラグを選ぶ...

左タイヤハウスからプラグを交換

まずはジャッキアップし、左フロントタイヤを取り外す。するとロアアームの後ろ側にゴム製のカバーが付いているので、これの長穴になっている方を写真のようにクリップから外し、端に避けておく。

この奥にプラグが4本ついている。上側がトレーディングで、下側がリーディングだ。よく見るとプラグの横にTとLの文字が書いてあるので、どっちがどっちか分からなくなっても大丈夫。

  1. プラグキャップを手で引っ張って外す
  2. プラグレンチを使ってプラグを外す
  3. 新品のプラグをトレーディング側とリーディング側を間違えないように気をつけながら装着する
  4. プラグキャップがカチッと言うまで押し込んで装着する

という順番で1本ずつ作業すると、プラグキャップやプラグの着け間違いを防げる。

プラグの熱価は、トレーディング側はNGK製(純正)が9番、DENSO製が31番。

リーディング側はNGK製(純正)が7番、DENSO製が27番となっている。NGK製にはTとLの識別文字が書かれているのでわかりやすい。

最後に4つのプラグキャップがきちんとハマっていることを確認したら、ゴムカバーを戻し、ホイールを装着すれば完了。ホイールナットのトルクチェックは忘れずに行う。

ロータリーエンジンは点火系が命!プラグの寿命は短いから1万km走ったら交換しよう! なんて話はネット上に山ほど転がっている。いやでも...