サーキット専用にシートベルトキャンセラーを中国から送料込200円で購入してみた

5

シェアする

6点式のレーシングハーネスを装着したので、今後はこれを使って体をがっしりと固定してサーキットを走ることができるようになったのだけども、これはこれで少し困ることがある。そう、シートベルトの警告がうるさいのだ。

フルバケットシートに必ず組み合わせなければならないパーツ、それがシートベルト(ハーネス)。特に純正の3点式シートベルトとの組み合わせはいま...

シートベルトの警告音を一時的に消したい

6点式シートベルトはノーマルの3点式から完全に独立しているので、サーキットを走る時は3点式を締める必要が無い。そうすると問題になるのが警告音。

シートベルトをベルトキャッチにはめ込まないまま車を走らせると、よほど古い車でない限り「ピーピーピーピー」と警告音が鳴り響く。不思議なことに2~3分も放っておくと勝手に消えるので(素人的には消えない方が安全じゃないかと思うのだが)、正直言って特別困ることはないのだけども、そんな警告音はないほうがいい。

そんなわけで国内通販サイトでシートベルトキャンセラーを探してみたのだけども、なんだかちょっといまいち。ものによっては中国発送で結構届くまで時間がかかるものもあるようなので、だったらAliexpressで直接買ってしまったほうがいい。

中華製シートベルトキャンセラー:200円

ということで中国から約1か月かけて届いたシートベルトキャンセラーがこれ。2mm厚の金属板を打ち抜いて「使うな!」と大きく書いただけの製品なのだが、恐ろしいことに送料込み2個セットで約200円だった。どう考えても自分で作るより安い。

いくら輸送に1か月もの時間がかかるとはいえ、こういう激安製品がどうして数百円で海を渡れるのか本当に不思議でたまらない。

問題なく使用可能

汎用品なので純正シートベルトの先端よりもわずかに細かったり穴のサイズが大きかったりはするが、問題なく装着できた。ちらっと見える「Do not use」の文字が茶目っ気を演出する。もちろんこれを取り付ければ、シートベルトの警告灯や警告音はこれで見事に消えた。取り出す時は勢いよく射出されるので、手で頭を抑えながらリリースしたほうがいい。

わずか200円足らずで、サーキットで走る時に限定して余計な警告を消せるようになった。別になくてもいいんだけども、ピーピーうるさいなと思っている人はこういう商品もアリだとは思う。

Aliexpress|Seatbelt Canceler