フューエルワンより高濃度!?AZ FCR-062 燃料添加剤を使ってみた

5

シェアする

エンジンの内部のカーボン汚れなどを落とし、エンジンの性能を蘇らせる燃料添加剤としてもっとも有名な商品、それはWAKO’S フューエルワン。燃料に転嫁するだけで、燃焼室・吸排気バルブ・インジェクターなどに堆積したカーボン・ワニス・ガム質などを除去し、新車時のエンジン性能を取り戻すと謳われるケミカルだ。

ちなみに、OEM品として有名なPITWORKのF-ZEROは300mL入りで、大体の場合においてこちらの方が安いのでお買い得。

フューエルワンはちょっと値段が高い

フューエルワンの効果はいろんな人がいろいろと試してみているのだが、いかんせん問題がある。

値段が高いのだ。

大体1本1700円ぐらいで販売されているのだが、この商品、「経年車や初めて清浄剤を使用される車両には2回連続使用がさらに効果的です。」なんて書かれているので、僕のRX-8のような過走行車は3500円ぐらいの出費が必要、という計算になってしまう。3500円もあったらそこそこいい飯が食えるな…とついつい考えてしまう僕のような貧乏性の人にはちょっと辛い。

この手の商品はPEA(ポリエーテルアミン)という成分がカーボン汚れを除去している。そしてその効果はすでに僕は実感済みなのだ。ただ、前回試してから3年以上が経過し、あの頃蘇ったパワー感はとうに失われている…。

この世にはびこる燃料添加剤は嘘か本当かわからないものがとても多い。前回ホルツのE-plus フューエルウォッシュを使ってみたが、その効果はさ...

残念ながら以前使用したCASTROL エンジン内部清浄剤はすでに販売されていない。これ以上にコスパの高い燃料添加剤はないのだろうか?

AZ FCR-062 燃料添加剤

あ り ま し た。

というわけで買ってみたのが、AZ FCR-062 燃料添加剤。今回は300mL入りを購入してみた。

AZといえばホームセンターのグリスコーナーなどに必ず置いてあるケミカルメーカーで、どの商品も他ブランドよりも安価なのが嬉しい庶民の味方。ここ最近はサーキット用の高性能全化学合成エンジンオイルとかを販売し始めたりしていて、そっちもかなり気になっているのだが、今回は燃料添加剤を試す。

40~60Lに150mLを添加

添加の割合はパッケージに細かく記載されている。

  • 自動車:40~60Lに150mL
  • 軽自動車:30Lに75mL
  • バイク:5L毎に15mL
  • 2サイクル車:5L毎に5mL

また燃料タンクが30L未満の車両には0.3%以上添加しないでください、との注意書きもある。フューエルワンは「1%以上添加してはならない」とあるので、AZ FCR-062の方がはるかにPEAが高濃度なのだろう。というか、AZ FCR-062は主成分がPEAらしい。

AZ FCR-062の300mL缶は2020年5月時点で約1300円。これで2回連続使用できるので、フューエルワンの半額以下のコストで抑えられる。

150mLずつ投入

総走行距離が約154000kmの時点から、燃料タンク満タン(60L)に対し約150mLを添加してみた。よく混ざるように燃料添加剤を投入してからガソリンを入れている(使用方法にもそのように書かれている)。

400km走行時点

新型コロナウイルスの影響もあってなかなかガソリンを消費できないので、とりあえず約400km走行時点の話をしておく。

パワー感の話はあくまで体感なので難しいが、100km、200kmと距離を重ねていくと、次第に高速道路を巡行していてもアクセルの踏み込み量が減っていった。坂道に差し掛かった時の踏み込み量も抑えられ、全体的にトルクが上がっているように思う。

現時点で燃費計算ができていないのだが、燃料系の針の落ち方を見るに燃費は向上しているように思う。ここ1年ぐらいは高速道路でも10km/Lぐらいまでしか伸びていないので、これが向上していたら嬉しい。

これ以降の結果については追記していく。

使用後はエンジンオイル交換がおすすめ

燃料添加剤によって落ちた汚れは燃焼される分もあるが、エンジンオイルによって回収される分ももちろんある。理屈から言えばエンジンオイルが普段よりも汚れるはずなので、2回投入後はエンジンオイル交換を行ったほうが良いだろう。

1L缶や4L缶はコスパ最強

AZ FCR-062にはもっと少量の100mL缶や、超大容量の1L缶や4L缶のパッケージが存在する。複数台所有していても4Lを使い切るのにはかなりの時間がかかりそうだ…。

もちろん容量が大きいパッケージほど、内容量当たりのコストが減っていく。たくさん使う人は大容量パッケージを購入したほうが、さらにお財布に優しいかもしれない。