スポンサーリンク

【Daytona675】クーラントの交換方法【DIY】

Triumph Daytona675のクーラント(冷却水)交換方法を紹介する。

スポンサーリンク

クーラントの交換方法

まずは左側のサイドカウルを外す。外し方は↓を参照。

クーラントを排出

クーラントのドレンボルトはオイルフィルターの横にある銅ワッシャーが挟まっているボルト。これを抜くとクーラントが抜ける。

クーラントはそこそこ散らばるので広めの受け皿を用意するのが良い。

ラジエーターキャップ()を外してさらにクーラントを抜く。

構造的に全部のクーラントは抜くのは難しいが、ラジーエーター下側のホース()を抜けばホース内やラジエーター内のクーラントも更に抜ける。クーラントが抜けたらホースを元に戻す。

サブタンク内のクーラントも抜きたい場合は、ホースやシリンジポンプなどを使ってどうにかして抜く。

ドレンボルトの銅ワッシャー

ドレンボルトはM5なので、そこに挟まる銅ワッシャーもM5サイズ。取り外したときには必ず新品の銅ワッシャーに付け替えてから、ドレンボルトを戻す。

クーラントを注入する

Daytona675の整備書によるとクーラント量は2.4L。ちなみにラジエーターキャップの圧力は1.1bar。

今回はKYKのラクラククーラントを4L用意した。トライアンフの純正クーラントが何色なのかを僕は知らないので、今回は緑色を用意した。

ラジエーターキャップからクーラントを注ぐ。本当はクーラントキャッチャーなどの工具があるとクーラントがこぼれなくて便利。

アストロプロダクツ
¥3,828 (2023/12/11 11:35時点 | Amazon調べ)

ラジーエーターとサブタンクにクーラントを入れたらエンジンをかけてアイドリング状態を維持する。

徐々に水温が上がってきて、サーモスタットが開いたタイミングでクーラントの量が減るので、随時クーラント液を継ぎ足す。

電動ファンが回る温度まで上がればOK。エンジンを停止させる。

ラジエーターキャップを締め、サブタンクのクーラント量をMAXまで入れておく。

最後に適当に10~15分ほど実走行を行い、サブタンク内のクーラントが減っていなければ作業は完了。減っていた場合はサブタンクにクーラントを継ぎ足せばOK。

古河薬品工業
¥719 (2023/12/08 08:18時点 | Amazon調べ)

コメント

タイトルとURLをコピーしました