【RX-8】左右分割式シートレール BRIDE IGタイプを装着!シートポジションの改善を狙う

シェアする

2020年5月末に念願のフルバケットシートを取り付けたのだけども、どうしても許せないことがあった。それは、

シートポジションがイマイチすぎる!

重い腰を上げてようやくフルバケットシートを購入したので、これをRX-8に取り付ける。シート交換は特に難しいポイントはないのだが、所詮フルバ...

BRIDE LFタイプ×ZETA4×RX-8の組み合わせは良くない(個人の意見)

前回はZETA4にBRIDE LFシートレールの組み合わせで取り付けたのだが、これがまぁ良くない。簡単に言うと、

  • 着座高が純正よりわずかに(1~2cmほど)高い
  • 着座位置がハンドルセンターよりほんのわずかに左側になるので、ペダルが右寄りに配置されているRX-8だと長時間運転時に疲労する

の2点が最悪。あとこれは個体差だろうが、片方のレールがわずかにガタつくので、サーキットでGがかかった時にぶれるのが気に入らない。

ただ、超高剛性でしっかりしてるところとか、スライドのやりやすさとかは美点。ポジションだけちゃんと取れれば文句ないのに…。

左右分割式のIGタイプを購入

LFのポジションが許せなかったので、左右分割式シートレールのBRIDE スーパーシートレールIGを購入。シートレールを2個も買うつもりなんて無かったので出費が痛い…。

IGタイプは、同じく左右分割式シートレールであるFGタイプの高剛性バージョン。フルバケを留めるサイドステーが鉄の前後分割式から、アルミの前後一体式に代わっただけ。値段が2000円ぐらいしか変わらなかったので、「どうせなら見た目がかっこいい方を」ということでIGを選んでみた。

BRIDE IGタイプの組み立て方法

IGタイプは当然左右分割式なので、左右のシートレールと、アルミ製のサイドアダプターが入っている。これを組み立てていく。基本的に付属の取扱説明書通りに進めればよい。

注意事項として、サイドアダプターを留めるボルトの内、2本だけ5mm長い。この長い2本は、シートベルトキャッチの金具と共締めするための物。

ボルトにスプリングワッシャー→ワッシャーの順で入れたら、サイドアダプターとシートレールに通し、裏から回り止め付きのナットを入れて仮組。この時点では軽くサイドアダプターが動く程度にボルトを締めればOK。

シートベルトキャッチが付く側(今回は運転席のシートレールなので、左側のレール)の後ろ側には、先ほどの長いボルト2本を使って、シートベルトキャッチ用の金具と合わせて共締め。こちらも仮止め程度にしておく。

RX-8の場合はセンターコンソールとの距離が近いので、シートベルトキャッチを留めるボルトは一旦外しておくのが良い。

車体にシートレールを付ける前に、フルバケの左右にシートレールを装着。左右の高さを合わせたら、一旦しっかりと固定する。

左右のシートレールのスライド位置は前後を合わせておく。

運転席を外しておいた車体に、フルバケごとシートレールを載せて、シートレールと車体の接続ボルトを四本ともしっかりと留める。

サイドアダプターのボルトが仮組状態なので、フルバケが軽く動かせる状態になっているはず。この状態でフルバケの左右の位置を調整する。…といっても2~3mm程度しか動かせなかったが…。

好みの位置に来たら、手が入る範囲でサイドアダプターのボルトを締める。

一旦シートレールを車体から外し、サイドアダプターのボルトを8本全て本締めする。

シートベルトキャッチを取り付ける。取り付け金具が左側にオフセットしている関係で、シートベルトキャッチの裏表を逆にしないと取りつかなかった…。とっさにシートベルトを外せなくなってしまうので、そのうちキャッチのステーを曲げて対処したい。

そしてシートベルト警告灯用のケーブルを適当にタイラップで縛ってぶらつかないようにする。

最後に車体に戻して、車体との接続ボルトを4本しっかりと留めれば完成。ポジションが変わっているので、6点式シートベルトの長さ調整も必要。

着座位置が下がった&右寄りに

シートレールをLFからIGへと変更したことによって、

  • 着座高が純正よりわずかに(1~2cmほど?)下がった
  • ポジションがハンドルセンターより右側になった

と変化が起こった。

着座位置が下がったとはいえ、極端に低くなってはいないので運転のしやすさに支障は無し。むしろ妙に腰高な感じが無くなったので純正に近い運転姿勢になった。ハンドルセンターより右寄りのポジションとなったのは、個人的にはさほど気にならないレベル。むしろアクセルペダルがきちんと操作できるようになったので喜ばしい。LFタイプで感じていた不満が解消された。

ZETA4との組み合わせの場合、Bピラーと肩部分との隙間はわずかに残っているので、後方へのスライドは問題なし。シートレールとシートの干渉も無いので、一番後ろまでしっかりとスライドできる。

IGタイプはむしろ前方へのスライド量が少ないので、身長の低い人はナニワヤで販売されているスーパーシートレールFG改(サイドアダプターで35mm前方へオフセット出来るモデル)を選んだ方がいいと思う。