半年ぶりにモーターランド鈴鹿を走ったらATR-Kが終わりかけで遅かった…

シェアする

某ウイルスのおかげで遠出ができない時期がしばらく続いてしまったのだけども、久しぶりに中部地方に出かける予定ができたので、ついでにモーターランド鈴鹿を走ってきた。

フルバケ導入後初のモーターランド鈴鹿

モーターランド鈴鹿を走るのは今年の2月末以来。今年の5月にフルバケ&6点ハーネスを取り付けたので、フルバケ導入後初のミニサーキット走行となった(オートポリスは2回走ったけど)。

俺が最速だ! モーターランド鈴鹿を一年ぶりにアタック 中部地方に仕事しに行ったついでにサーキットに行くいつもの流れを行ったのだ...

前回モーターランド鈴鹿を走った時は、おそらくRX-8のコースレコードであろう47.893秒を記録。履きっぱなしのATR-Kの状態とか、なかなか過ごしやすい程度に気温の高い当日のコンディションとかは気になるけども、多少そこに近いタイムを狙いたいところ。

ばば遅でした

ド平日の走行だったのでコースは完全に貸し切り状態。朝イチとなる9時枠でコースインしたのだけど、走った瞬間にタイヤが食わないのを実感。あとすっかり忘れて街乗り減衰のまま走ってしまった。縁石に乗るとちょっと暴れるけどまぁいいやとそのまま走行を続ける。

モーターランド鈴鹿 RX-8 49.291秒 ATR-K SPORT 2020/09/28

すると4周目に当日のベストタイムが記録。49.291秒(公式計時)とめちゃくちゃ遅かった。タイヤが食わなかったこともあるし、トップスピードも伸びてないし、あとフルバケ導入のせいか逆に車の動きがよくわからなくなってしまった。

…あとやっぱりこの車、タイヤが無くなってくると途端に進入でリアの動きがナーバスになるのが辛い。リアのブレーキがもう少しだけ早く効けばグッとリアが落ち着くのだろうけど、ブレーキパッドセッティングはめんどくさいことこの上ない。どこかにいいパッドは無いかしら。

その後車を冷やして減衰調整をして再アタックしたところ、近しいタイムは出るもののタイム更新はならず。さすがに一年履きっぱなしで角も無くなったATR-Kは厳しい…?

ヴァリエッタも運転してみた

「いつも孤独にスポーツ走行を走っているのに、なぜ走行中の写真が…?」

と思った人は相当な変態熱心な読者だと思います。

今回はヴァリエッタ乗りの友人T君と一緒に遊びに行ったので写真があるのです。どんなにカメラを使うのがうまくなっても、自分が走ってる写真は撮れないから本当に嬉しい。心から感謝したい。

走り方を悩んでいるというT君に教えるついでにヴァリエッタを少し運転させてもらった。クーペのシルビアを無理やりオーブンカーに仕立てた車なだけあって車の動きはダルい感じだし、NAのSRエンジンはパワーもあんまりないんだけど、これはこれで結構楽しい。とりあえず二人乗りの状態でオーナーのタイムをコンマ5秒以上ちぎる53秒フラットが出たので大満足。

…その後一人で再アタックしたT君は、僕のアドバイスのおかげで自身当日ベストからコンマ8秒アップの52.7秒が出たのだけど…。一人乗りだったら負けない。

でもやっぱりいろんな車を乗ったり、人に教えたりすると自分の走りの見直しにもなるからすごくいい。何より楽しい。孤独なスポーツ走行はストイックでいいけど、たまにはこういう時間も欲しい。